今日のボーダーレスな世界において、Payoneerは、かつてないスムーズなクロスボーダー決済を実現し、200以上の国と地域の何百万もの事業者が相互につながり、グローバルに成長できるようにサポートしています。Payoneerの迅速、柔軟、安全、そして低コストの決済ソリューションは、先進国のみならず新興国においても、国内決済のような手軽さで海外事業者との決済を可能にしてきました。

500万

ユーザー

増加中

2,000

従業員

世界各国

24

海外拠点

増加中

35+

言語

自社サポート

これまでの道のり

歴史と節目を振り返ってみましょう

2019

optile社の買収により、マーチャントサービス事業を拡大

2019

Eコマースセラー向けの運転資金サービス、Capital Advanceを開始

2019

中小企業の有料サービス事業者向けに新サービスを開始

2019

ブエノスアイレスに中南米初のオフィス開設

2018

自動化VATおよび納税ソリューションを導入

2018

対応受取り口座を豪ドルとカナダドルに拡大

2017

Crainより働きがいのある会社の1つに選出

2017

1,000人以上のお客様と従業員が参加した1週間のグローバルイベント開催

2017

イギリスとスペインにオフィス開設

2016

対応受取り口座を中国元と日本円に拡大

2016

無料ネットワーク内決済を開始

2016

インド、日本、フィリピンにオフィス開設

2015

請求サービスでB2B決済プラットフォームを拡張

2015

アジアのハブとして香港にオフィス開設

2015

Amazonより信頼できる決済プロバイダーに選出

2014

新規B2Bクロスボーダー決済プラットフォームを開始

2014

対応受取り口座をユーロと英ポンドに拡大

2013

Airbnbが決済業者としてPayoneerを選択

2012

欧州委員会より電子マネーのライセンス付与

2012

Deloitte社のFast 500にて34位にランクイン

2011

初のクロスボーダー米ドル受取り口座を開始

2010

PCIレベル1コンプライアンス取得

2008

大手フリーランスマーケットプレイスと長期的な戦略的パートナーシップを開始

2005

ニューヨークで会社設立

  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2008
  • 2005
ミッション

Payoneerのミッションである「Go beyond」とは、さまざまな境界や限界、期待を超えるサポートをお客様に提供することです。今日のデジタル世界において、Payoneerのプラットフォームは、200以上の国と地域における数百万の中小企業、マーケットプレイス、大手企業の国際商取引を効率化させています。コンプライアンスを遵守し、安定したテクノロジー、オペレーション、金融基盤を備えるPayoneerは、国際商取引決済、ワーキングキャピタル、税務ソリューション、リスク管理に関する一連のサービスを提供しています。

※日本では提供していないサービスもございます。

会社概要

日本法人ぺイオニア・ジャパン株式会社  Payoneer Japan Ltd. 2015年3月5日設立 代表取締役社長 Scott Galit 〒107-0062 東京都港区南青山5-4-27 Barbizon104 - 302
事業内容資金移動業サービス (関東財務局長第00045号) 収納代行サービス その他付随する業務
米国本社Payoneer Inc. 2005年創業 CEO Scott Galit 150 West 30th st, Suite 500, New York, NY 1001
決済取引銀行/ カード会社三菱UFJ銀行、三井住友銀行、バンク・オブ・アメリカ、シティバンク、バークレイズ銀行、ドイツ銀行、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、Russlavbank、Bank Asia Limited、平安銀行、Mastercard
提携企業一覧Amazon、Shopee、Wish、Rakuten.com、Lazada、Cdiscount、 Google、Appen、 Airbnb、HomeAway、途家、Upwork、Fiverr、 Getty Images、CJ Affiliate by Conversant