Payoneerでは最新のセキュリティプロトコルとテクノロジーに多くの時間を費やし、大きな投資をしています。
皆様が安心してアカウントにアクセスし資金管理できるよう、安全な環境を作り維持していくことが弊社の最優先事項です。

  • Payoneerカードとアカウントの保護
    • データの保護

      Payoneerにご登録いただく際にアカウント所有者である皆様には、アカウントの保護を目的として個人用のパスワードの入力をお願いしています。パスワード決定のプロセスに関わるのはあなたのみで、その後いつでも好きな時にパスワードを変更することができます。パスワードは暗号化され、本人以外誰もアクセスすることはできません。

      各取引に加え、あなたの個人データも全て強力な暗号により保護され、データの読み取りは不可能となります。あなたの情報を弊社で受け取った後はネットワーク内で安全なファイアウォールにより保護されます。

      データは全て継続的にバックアップされます。Payoneerでは電子的な保護に加え、Payoneerでは全てのデータに対する物理的なセキュリティとその完全性を保護するために特別処置を導入しています。火災、物質的な盗難、事故により弊社施設に損失が発生するのを防ぐため、絶えずプロトコルの更新を実施しています。ハードウェア及びソフトウェアに関連した全てのアクセスポイントは、安全なファイアウォールとウイルス検出システムにより保護され、改竄やハッキングといった行為を排除しています。弊社のITスタッフが継続的にシステムを確認し、潜在的なセキュリティ侵害を防止するためにソフトウェアのパッチを適用する一方、システムは毎年一回、義務として包括的なPCI監査を受けています。

    • 詐欺および不正行為の防止

      Payoneerでは、ファイアウォールと最先端のハッキング防止技術により、全ての取引を厳重に保護しています。詐欺やID盗難、フィッシング攻撃やその他の攻撃を防止するため、取引の全てを監視しています。

      サイバー攻撃の可能性が検知された場合は、セキュリティ専門家による専任のチームが原因を調査し、あなたのアカウントとその他のアカウントホルダーのアカウントを保護するための予防措置を講じます。

    • カード利用に関するEメール通知

      アカウント情報を更新した場合又は業務上の連絡に関しては、PayoneerよりEメールを送信いたします。アカウント上で異常な活動が検知された場合は、その取引の詳細を記載したEメールをお送り致します。また、取引に覚えがない場合は弊社サポート部門にいつでも連絡がとれるよう24時間対応しています。

      当社へご連絡の際には、本人確認のため、アカウント情報や個人情報などに関する質問をさせて頂く場合がございます。

  • オンラインで自分の身を守るには
    • コンピューターのセキュリティ
      • ウイルス、マルウェア、その他のオンライン上のリスクに対する防御のため、セキュリティソフ ト、OS、ブラウザを最新の状態に保つようにし、自動更新を設定するようお勧めしています。
      • 理想的なパスワードは、単語ではなく、十分な長さがあり、大文字、小文字、数字、そして特殊記号を含む組合せです。他のアカウントと同じパスワードは、使用しないで下さい。パスワードをメモする場合は、デバイスから離れた安全な場所に保管して下さい。
      • 信頼できるウイルス対策ソフトを利用し、常に最新の状態を保って下さい。
    • パブリックログインに関するガイドライン
      • 公共のWi-Fi利用時は、ハッカーも含め、同一ネットワークを利用する他人に通信を盗み見られる場合もありますので、そこで行うオンライン上の操作を出来る限り制限するようにして下さい。
      • すぐ行動をおこすよう求められる通信には、十分にご注意下さい。
      • 支払い情報、個人情報、アクセス資格情報の送信は、必ず安全なネット環境にて行って下さい
      • 決済情報、個人情報、又はアクセス認証情報は、安全な接続環境下で送信して下さい。URLに「HTTPS」が付いていることを確認し、SSL*証明書の有効性をチェックして下さい。
      • 外見が普通とは異なるウェブサイトに注意して下さい。例えば、ウェブサイトのURLが長い場合 、それがユーザーを騙そうとしている偽のウェブサイトであることが往々にしてあります。
      • サイトの訪問が済んだら、Payoneerやその他のウェブサイトから必ずログアウトして下さい。共用のコンピューターを利用している場合は、ブラウザの履歴を削除して下さい。
          *SSL証明書(SSL:Secure Sockets Layer)は、ウェブサイトの認証状態を確認し、インターネット経由で送信される全ての個人情報・機密情報を暗号化することで、正当な受信者のみが内容を理解できるようにし ます。個人情報は、目的のサーバーに到達するまでにコンピューターからコンピューターへと引き渡しが行われるため、この機能は非常に重要です。またSSL証明書があるおかげで、情報が正しいサーバーに送信されていることを確認することができます。
    • Payoneerアカウントのパスワード

      強力なパスワードを作成する:
      Payoneerのパスワード選択ページでは、解析が困難な独自のパスワードを設定するよう求められます。「1234」や「PASSWORD」といった単純なパターンや、誕生日、家族の名前などを使うのはやめまし ょう。
      強力なパスワードとは、12桁以上のランダムで、繰り返しのない文字列で、以下の種類の文字を全て含 みます。

      • 小文字
      • 大文字
      • 数字
      • 句読点および「特殊」文字(例:!@#$ %) – キーボードから入力可能で、スマートフォン利用時に もアクセス可能な文字のみを使用して下さい。
    • パスワード保護のための基準
      • パスワードを決して他人と共有しないこと。パスワードは慎重に扱うべき、私的な機密のコード です。
      • パスワードをPayoneerカードと一緒に保管したり、カード上に書き留めたりしないこと。
      • パスワードを、Eメールやチャット、その他のインターネットを介したコミュニケーションツー ルで明記しないこと。
      • 近くに人がいる時に、パスワードの話をしないこと。
      • パスワードの形式をほのめかしたりしないこと(例:「飼っている犬の名前」)。
      • アンケートやセキュリティ関係の入力フォームに、パスワードを決して記入しないこと。
      • 誰かにパスワードを求められた場合は拒否すること。Payoneerからの指示であることをお伝え下さい。

      Payoneerアカウントが許可なくアクセスされた疑いがある場合は、直ちに弊社に連絡をしパスワードの変更を行って下さい。

    • フィッシングEメール

      フィッシングとはインターネット詐欺の一種で、信頼できる個人または法人(例えばPayoneer)の名を 語りユーザーの機密情報を入手しようとするものです。盗まれる対象となる情報はクレジットカー ド番号、ユーザー名、パスワード、銀行口座情報、その他の機密情報が含まれます。
      このような悪質な存在は、入手した情報を使用してオンラインにおける購入やなりすまし犯罪を引き起こす可能性があり、他人になりすますことにより新しいクレジットカード、身分証明書等に申込む恐れがあります。
      フィッシングの試みや被害を報告するには、こちらをクリック
      以下のルールに従い、安全を確保しましょう。

      1. Payoneerカードの情報を、Eメールやテキストメッセージ、ソーシャルメディア経由で送信しない こと。
      2. 同様に、Payoneerアカウントパスワードやユーザー名を、Eメールやテキストメッセージ、その他 のソーシャルメディアメッセージで送信しないこと。
      3. 出所不明のリンクを開かないこと(例えリンク先のウェブサイトが存在しない場合でも、ウイルス をPCにダウンロードされないとは限りません)。
    • Payoneerカードのセキュリティを確保するために守るべき習慣
      1. セキュリティに関する以下のシンプルなヒントを、是非ご確認下さい。
      2. 4桁の暗証番号をPayoneerカード上にメモしないこと。また、暗証番号を記入したメモ紙を財布の 中に保管しないこと。
      3. ATMスキマーから身を守るための最もシンプルな方法は、数字を入力する際に、暗証番号パッド を周りから見えないようにすることです。
      4. カード番号の全数字を他人に教えないこと。Payoneerの担当者が、カードの下4桁 以外を尋ねるこ とはありません。
      5. カード情報が記載された明細書やレシートは、破棄する前にスレッダー処理すること。
      6. Payoneerカードを、番号記載面が簡単に他人に見られる状態で放置しないこと。
      7. カードの紛失・盗難時には、直ちにPayoneerに連絡すること。

      Payoneerの「ID盗難防止のためのインフォグラフィック」を見るには、こちらをクリック。

  • モバイルアプリを安全に利用する
    • お使いのモバイル機を保護するために
      1. デバイスの物理的な管理を徹底することが、保護の基本です。
      2. OSやアプリケーションは、最新のセキュリティ問題に対してもアップデートや修正プログラムを提供しているので、デバイスを常に最新の状態に保ちましょう。
      3. デバイスとデータを保護するために、パスコードや暗証番号を使用すること。スマートフォンの紛失・盗難時にリモート操作で個人情報を消去し、Eメールにアクセスできるよう、リモート消去機能をインストールし、有効にしておきましょう。
      4. 電話のロック機能を利用し、30秒程度操作されなかった場合に、再度ロックがかかるように設定すること。
      5. 信頼できるWi-Fiネットワークを利用すること。未知の無線ネットワークに接続した場合、データが危険に曝される可能性があります。
      6. BluetoothやWi-Fi、NFC(近距離無線通信)、その他の接続機能は、お持ちのデバイスへのアクセスに悪用されないよう、未使用時には無効にしておくこと。
      7. スマートフォンやタブレットのJail breakやRoot化を行わないこと。デバイスのJail breakやRoot化を実施した場合、デバイスが悪意のあるソフトウェアの危険に曝される可能性があることを頭に入れておきましょう。
  • 詐欺行為の報告
    • フィッシング攻撃の疑いやその他の疑わしいEメール

      「フィッシング」の疑いのあるEメールやスパム、その他Payoneer の名を語る疑わしいEメールを受け取った場合は、絶対にリンクをクリックしたり、返信したりしないで下さい。当社のカスタマーサポート宛にメッセージを転送して頂ければ、できるだけ早く、Payoneer担当者より折り返しご連絡致します。

      疑わしいメッセージを転送する際には、件名に「フィッシングEメールの疑い」というフレーズを付け加えて下さい。例えば、これをOutlookで行うには、メッセージを選択し、「転送」を選び、件名を「フィッシングEメールの疑い」に変更して送信して下さい。その他のEメール/ブラウザアプリケーションの場合も、基本的には同じです。

    • 連絡先

      >カードの紛失・盗難の場合、または詐欺やID盗難の被害に遭った場合は、直ちに弊社までご連絡下さい
      あるいは、当社の米国オフィスまで直ちにお電話下さい:+1 (646) 386-2434 (年中無休・24時間対応)